社協について

  1. HOME >

社協について

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置されています。
高齢者や障がい者の在宅生活を支援するために、ホームヘルプサービス(訪問介護)や配食サービスをはじめ、さまざまな福祉サービスをおこなっているほか、多様な福祉ニーズに応えるため、地域の特性を踏まえ創意工夫をこらした独自の事業に取り組んでいます。地域のボランティアと協力し、高齢者や障がい者、子育て中の親子が気軽に集える「サロン活動」を進めているほか、社協のボランティアセンターではボランティア活動に関する相談や活動先の紹介、また、小中高校における福祉教育の支援等、地域の福祉活動の拠点としての役割を果たしています。
社会福祉協議会は、地域のさまざまな社会資源とのネットワークを有しており、多くの人びととの協働を通じて地域の最前線で活動しています。

荒尾市社会福祉協議会の沿革

PDF

社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の沿革
A4サイズ 2ページ / 224Kbyte

https://arao-shakyo.com/wp-content/uploads/2022/03/enkaku.pdf
社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の沿革

arao-shakyo.com

荒尾市社会福祉協議会の定款及び役員名簿

PDF

社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の定款
A4サイズ 10ページ / 375Kbyte

https://arao-shakyo.com/wp-content/uploads/2022/04/定款.pdf
社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の定款

arao-shakyo.com

PDF

社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の役員名簿
A4サイズ 1ページ / 63Kbyte

https://arao-shakyo.com/wp-content/uploads/2022/03/2020yakuin.pdf
社会福祉法人荒尾市社会福祉協議会の役員名簿

arao-shakyo.com

荒尾市地域福祉活動計画に沿った事業推進

 平成29年に第3期地域福祉活動計画を荒尾市の地域福祉計画と合同で策定しました。
今回の計画では、近年の社会情勢や福祉に関する新たな課題、国、県の動向を踏まえつつ、様々な地域福祉の事業に取り組んでいくことを明記しています。 社協ではこの計画を基に今後5年間の地域福祉を荒尾市とともに展開していきます。

発展・強化計画

令和4年度から6年度までの今後3年間の経営(事業運営)ビジョンや目標を明確にし、その実現に向けた
事業、組織、財務などに関する具体的な取組を明示したものです。

PDF

荒尾市社会福祉協議会 発展・強化計画
A4サイズ 23ページ / 14.8 MB

https://arao-shakyo.com/wp-content/uploads/2022/04/荒尾市社協発展・強化計画.pdf
荒尾市社会福祉協議会 発展・強化計画

arao-shakyo.com

荒尾市社会福祉協議会の事業活動

令和元年度

平成30年度

平成29年度以前

平成29年度以前の事業活動につきましては下記のアーカイヴをご覧ください。

平成29年度以前の事業活動

会員を募集しています

荒尾市社会福祉協議会では、サロンや見守り活動、ボランティア活動の充実を目指して、さまざまな事業を展開しています。これらの活動は皆様からの会費や寄付金、共同募金配分金などを財源としており、皆様からの善意によって支えられています。

これからも地域の福祉活動をより活発に展開していくために、本会会員として応援していただける方や法人、企業様を募集しています。
この趣旨にご賛同いただける場合は、下記の連絡先までご連絡をいただきますようよろしくお願いいたします。

会員の種類と会費(年額)

  • 一般会員・・・一世帯あたり500円
  • 賛助会員・・・一口 1,000円
  • 特別会員・・・一口10,000円

  

お問い合わせはこちら

社会福祉法人
荒尾市社会福祉協議会
荒尾市下井手193番地1
荒尾市総合福祉センター内

お電話はこちら