HOME > お知らせ・イベント
 ■ 生活支援ボランティアの再開について
 令和3年4月26日から生活支援ボランティアの一部事業を中止にしておりましたが、令和3年6月14日から一部事業を再開します。
 病院の付き添い事業に関しては引き続き中止いたします。
 ■ 令和3年度熊本県介護支援専門員実務研修受講試験
 令和3年度熊本県介護支援専門員実務研修受講試験の試験案内につきましてはこちらをご覧ください。
 令和3年度熊本県介護支援専門員実務研修受講試験について  / 熊本県社会福祉協議会ホームページ
 ■ 小規模団体活動推進事業のお知らせ
 地域で福祉活動を活発に推進している小規模団体の設備や機材の整備に対する費用の一部を助成する事業のご案内です。
 詳しくはチラシをご覧ください。
 小規模団体活動推進事業(助成)のご案内
 ■ 民間福祉団体活動推進事業のお知らせ
 民間の非営利団体で、高齢者・障がい者・児童・子育て世帯・生活困窮者を対象とする福祉活動を行う団体に対する事業のご案内です。
 詳しくはチラシをご覧ください。
  民間福祉団体活動推進事業(助成)のご案内
 ■ 生活支援ボランティア活動中止のお知らせ

 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、生活支援ボランティアの活動を一時中止します。利用される方には大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。
活動を再開する際は本会ホームページでお知らせします。

 ■ お手続きください。ボランティア活動保険
 ■ 生活支援ボランティアの再開について

 令和2年12月22日より生活支援ボランティアの一部事業を中止にしておりましたが、令和3年2月18日より一部事業を再開します。
病院の付き添い事業に関しては引き続き中止いたします。

 ■ 本会サービス利用者の新型コロナウィルス感染確認について

令和3年1月13日、荒尾市ふれあい福祉センターのご利用者1名について、新型コロナウィルス感染症に感染していることを確認いたしました。
有明保健所の調査の結果、ご利用者及び職員に濃厚接触者はいないとの結果でしたが、念のため接触した可能性のあるご利用者及び職員にPCR検査を実施した結果、全員陰性であることを確認いたしました。
皆様にはご心配とご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
事業所内部の消毒を業者に依頼し実施するため、1月16日から事業を再開させていただきます。
今後とも基本的な感染予防対策はこれまで同様継続して実施してまいりますので、皆様方のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和3年1月14日

社会福祉法人 荒尾市社会福祉協議会
会長 丸 山 秀 人

 ■ 生活支援ボランティア事業について

 新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルが12月14日から「レベル5特別警報」となっています。それに伴い生活支援ボランティア事業を一時中止とさせて頂きます。
 しかし、利用者様の中には日常生活を継続するためにどうしても必要となる支援もありますので、その場合は当社協まで(電話66-2993)ご相談下さい。

 ■ 生活に困っている方の相談(支援)を年末に実施します

生活に困っている方の支援についての相談を次のとおり受け付けますので、希望される方は電話または来所にてご相談ください。

         記

1.日時:令和2年12月29日(火)・30日(水)
 午前8時30分~午後5時まで

2.場所:荒尾市社会福祉協議会
 電話 0968-66-2993
 (荒尾市下井手193番地1/総合福祉センター)

3.支援内容:食料支援、生活費の貸付けなど

なお、当社協(担当課:管理課)の年末年始の休業は12月31日(木)~1月3日(日)までです。

 ■ 荒尾市潮湯の半日休館について

荒尾市潮湯は、潮湯ボイラー修理のため下記のとおり半日休館致します。利用される皆様にはご迷惑をおかけしますがご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【半日休館日】
令和2年11月27日(金曜) 午後1時~午後5時まで

 ■ 災害ボランティアセンター活動報告書

令和2年7月豪雨災害に伴う災害ボランティアセンター活動報告書を作成しましたので、ご覧ください。

令和2年7月豪雨災害災害ボランティアセンター活動報告書

 ■ 荒尾市潮湯の再開について
 荒尾市潮湯について、「憩いの場」設置工事及び施設修繕のため11月末まで休館の予定としておりましたが、施設修繕が完了し営業可能となりましたので、下記のとおり営業を再開します。
なお、11月2日(月曜)は、プレハブ搬入のため臨時休館となります。

営業再開日
令和2年10月29日(木曜) 9時30分から

※敷地内では「憩いの場」設置工事を継続して行っておりますので、来館の際はご注意ください。

 ■ 生活福祉資金制度における緊急小口資金等特例貸付の受付期間延長のお知らせ
 緊急小口資金等特例貸付を利用されている方の貸付期間が12月まで延長してご利用できるようになりました。
 10月以降の緊急小口資金等の申請においては、自立支援に向けた支援を進めるため、申請の際に償還開始までに自立相談支援機関(荒尾市生活相談支援センター(荒尾市役所 保健福祉部 福祉課内))からの支援を受けることに同意することをもって貸付を行うことになります。
 ■ 生活支援ボランティアの再開について
 令和2年8月1日より生活支援ボランティアの一部事業を中止にしておりましたが、10月1日より一部事業を再開します。
 病院の付き添い事業に関しては引き続き中止をいたします。
 ■ 中央共同募金会から「フードバンク活動等応援助成」をいただきました。

 当会の生活困窮者等の食糧確保を支援するためのフードバンク事業が、中央共同募金会の「赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーンフードバンク活動等応援助成」の事業として決定され、助成金をいただきました。
 頂いた助成金でお米やラーメン、缶詰などの食糧を購入し、コロナの影響で生活にお困りの方を中心に、食糧支援を行っています。
 また、炊飯器、電気ポット、鍋等の調理器具を購入し貸し出す支援も可能となりました。
 当助成のためにご寄付を頂いた方々にお礼申し上げます。
 このように赤い羽根共同募金は、支援が必要な方に有効に使わせていただいております。皆様からの募金へのご協力をお願いします。

赤い羽根共同募金のホームページ

 
 「令和3年度赤い羽根共同募金助成事業」募集のお知らせ
~地域の福祉活動・福祉団体・ボランティアグループの皆さんの活動を応援します~

荒尾市共同募金委員会では、地域で安心して暮らせる福祉のまちづくりを推進するため、自治会、福祉団体、ボランティア団体等が行う福祉活動に対し活動費を助成しています。令和3年度活動分助成金の申請については、以下のとおりとなりますので、皆様からのお申込みをお待ちしております。

1.助成の対象となる団体は、
福祉又は福祉に関連する保健・医療・教育分野の活動を実施する団体

2.助成の対象となる事業は、
令和3年度内に完了できる事業

3.助成の対象となる経費は、
①事業用チラシ、資料等の作成資料
②事務用品等の消耗品購入費用
③講演会や研修会の講師への謝礼
④施設、物品、車両のレンタル料
⑤子ども食堂等の事業で使用する食材料費

4.申請方法は、
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、電話にて申請書を請求していただくか、こちらの申請書をダウンロードし、必要事項を記入し、必要書類を添えて荒尾市共同募金委員会(荒尾市総合福祉センター内)まで申請してください。

5.対象とならない団体は、
①運営に余裕があると判断できる団体
②設立後1年を経過しない団体

6.助成の対象とならない事業は、
①会員、構成員同士の親睦のみを目的とした事業
②政治・宗教等の運動として行われる事業

7.助成額の上限はいくら、
1事業あたり30万円まで

8.申請の期間は、
令和2年9月1日(火)~11月30日(月)まで

※募集の詳細に関しては荒尾市共同募金委員会(電話66-2993)までお問い合わせください。

 ■ 令和2年7月豪雨による被災者の皆様へ
  生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付のご案内

社会福祉協議会では、令和2年7月豪雨で被災された方を対象に一時的な生活費をお貸しします。
詳しくは、特例貸付のご案内をご覧ください。

生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付のご案内

≪緊急小口資金の借入申込方法≫
荒尾市社会福祉協議会(以下「社協」)での申込みは次のいずれかの方法でお申し込みください。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、原則、郵送での借入れ申込みにご協力ください。
 ①荒尾市社協ホームページから申込書類をダウンロードして、荒尾市社協へ郵送する。
 ②電話で荒尾市社協へ申込書類を請求し、荒尾市社協へ郵送する。
 ③荒尾市社協の窓口へ行き、直接申込む。

≪荒尾市社協へ申込む場合の様式(借入申込関係書類)≫
「(イ) 借入申込者留意事項」の記載事項をすべてご了承いただいたうえで、必要書類をすべてA4版で印刷(借用書は両面印刷)、ご記入いただき、添付書類を同封して荒尾市社協へ提出してください。
 ※それぞれの項目をクリックすると書類をダウンロードできます
 (ア)(緊急小口資金)特例貸付借入申込書等
 (イ)借入申込者留意事項
 (ウ)記入例
 (エ)郵送前確認チェックリスト

≪お問い合わせ先・送付先≫
〒864-0011 荒尾市下井手193番地1
荒尾市総合福祉センター内 荒尾市社会福祉協議会まで
電話0968-66-2993
受付日時:月~金曜日 9:00~17:00 ※祝日は休業

 ■ 生活支援ボランティア活動中止のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、生活支援ボランティアの活動を一時中止します。
利用される方には大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。
活動を再開する際は本会ホームページでお知らせします。

 ■ 総合支援資金特例貸付を利用されている方へお知らせ

総合支援資金特例貸付を利用されている方 の貸付期間が延長してご利用できるようになりました。
生活困窮の状況が続く方で自立相談支援機関での相談や支援を受けることにより、貸付期間を延長して
ご利用できる場合があります。詳しくは資料をご覧ください。

自立相談支援機関へのご相談と貸付期間延長のご案内

 ■ 荒尾市潮湯の休館について

荒尾市潮湯は「憩いの場」設置工事及び施設修繕のため、下記のとおり休館します。
日頃よりご利用いただいております皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力をお願いします。

【期間】
令和2年8月3日(月曜)から令和2年11月末(予定)
※今後の工事の状況により、営業再開が早まる可能性があります。
※営業再開については、あらためてお知らせします。

 ■ 荒尾市潮湯の開館について

潮湯を5月20日(水)から開館し、荒尾市居住者は利用可能となっております。
6月1日(月)からは市外居住の方も利用できるようになりましたので、お知らせします。

 ■第21回 ヤマト福祉財団小倉昌男賞募集

ヤマト福祉財団では小倉昌男賞の候補者を募集されています。詳しくは下の記事をご覧ください。

第21回ヤマト福祉財団小倉昌男賞 募集

第21回ヤマト福祉財団小倉昌男賞 募集

 ■ 「令和2年度熊本県介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」(案内)

標記試験の実施や試験案内の配布方法についての詳細は、 熊本県社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

 ■ 総合福祉センター、ふれあい福祉センターの会議室利用中止について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため総合福祉センターとふれあい福祉センター会議室の利用を中止します。利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

利用中止期間 5月8日まで

 ■ 生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付のご案内

社会福祉協議会では新型コロナウィルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯で生活資金のことでお悩みの方々に向けた緊急小口資金等の特例貸付を実施します。
特例貸付の具体的な内容のお問い合わせや貸付のご相談は、下記をご確認ください。

詳細はこちら(生活福祉資金)

(1)窓口での借入申込

〇受付日時:月~金曜日 9:00~17:00
※祝日は休業。但し、5月4~6日は相談を受け付けます)
※事前に、電話予約してください(電話 66-2993)
〇場所:荒尾市下井手193番地1
荒尾市総合福祉センター(旧:第四小学校)
※新型コロナウィルス感染予防のため、できる限り次の郵送での借入申込にご協力ください。

(2)郵送による借入申込(緊急小口資金)

緊急小口資金については、
熊本県社会福祉協議会ホームページから関係書類をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、必要な添付書類を添えて荒尾市社会福祉協議会へ郵送してください。
② または、荒尾市社会福祉協議会に電話相談し、対象であることを確認したうえで、申込書等関係書類に切手を貼った返信用封筒を同封し借入希望者に郵送しますので、借入希望者は必要事項を記入し、添付書類を添えて荒尾市社会福祉協議会へ郵送してください。
〇送付先:〒864-0011 荒尾市下井手193番地1
荒尾市総合福祉センター内 荒尾市社会福祉協議会まで

 ■ 社協事業の中止について

荒尾市社協では新型コロナウイルス感染拡大が懸念されている状況を踏まえ次の事業を中止とさせていただきます。関係者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

●福祉委員関係
全体研修会 3月11日
一斉友愛訪問日 3月15日
地区情報交換会(万田、有明、中央、平井、八幡)

●ささえあい活動関係
ささえあい活動交流会 3月18日

●貯筋体操関係
フレイル予防サポーター養成講座 2月20日~3月12日 毎週木曜日
はつらつ貯筋教室 毎週月曜日

●成年後見センター関係
市民後見人養成講座 2月7日~3月6日 毎週金曜日

●ボランティア関係
生活支援ボランティアフォローアップ講座 3月9日

 ■ 赤い羽根臨時休校中の子どもと家庭を支えよう 緊急支援活動助成事業のご案内

中央共同募金会では次の緊急助成事業を実施しています。
詳しくは下の記事をごらんください。

「赤い羽根臨時休校中の子どもと家庭を支えよう 緊急支援活動助成事業」応募要項

 

 ■ 生活支援ボランティア養成講座受講生大募集!!

荒尾市社会福祉協議会では高齢者のちょっとした困りごとを支援いただく、生活支援ボランティアの養成講座を今年度も開催します。
詳しくは下の記事をごらんください。

生活支援ボランティア養成講座受講生大募集!!

 

 ■ 平成31年度(2019年度)熊本県社会福祉振興基金助成事業「小規模団体活動支援事業」(助成)のご案内

熊本県社会福祉協議会では、地域で福祉活動を活発に推進している小規模団体の設備や機 材の整備に対する助成を下記のとおり実施します。
詳しくは下の記事をごらんください。

平成31年度(2019年度)「小規模団体活動支援事業」(助成)のご案内

 

 ■ 平成31年度(2019年度)熊本県社会福祉振興基金助成事業「民間福祉団体活動推進事業」(助成)のご案内

「民間福祉団体活動推進事業」(助成)を助成を下記のとおり実施します。
詳しくは下の記事をごらんください。

平成31年度(2019年度)「民間福祉団体活動推進事業」(助成)のご案内

 

 ■ 競輪補助事業完了のお知らせ

 
競輪補助事業完了のお知らせ
 

この度、平成28年度の競輪の補助金を受けて、下記の事業を完了いたしました。
本事業の実施により、訪問入浴車が新しくなりました。これからも安心、安全に訪問入浴サービスを提供して行きます。
・事業名 平成28年度福祉車両の整備 補助事業
・事業の内容 訪問入浴車 1台
・補助金額 2,925,000円
・実施場所 熊本県荒尾市下井手193番地1
・完了年月日 平成28年8月10日
社会福祉法人 荒尾市社会福祉協議会
会 長  片山 信一
 
ページの先頭へ